リマプロスト アルファ デクス 一般 名。 オーソライズドジェネリック 一覧表 (2020年11月更新)

プロレナール錠5μg

(注2):観察を十分に行い、異常が認められた場合には、投与を中止すること。 【重い副作用】 ..めったにないですが、初期症状等に念のため注意ください• 閉塞性血栓の 虚血性諸症状の改善• 【その他】• (注1):発現した場合には、投与を中止するなど適切な処置を行うこと。 腰部脊柱管狭窄症において、手術適応となるような重症例での有効性は確立していない。

16

医療用医薬品 : プロレナール (プロレナール錠5μg)

KEGG DRUG 包装 穐本 晃,ほか, 現代医療, 20, 817, 1988. 5)に極めて溶けにくく、酢酸エチルにほとんど溶けない。 北川敏一ほか, 現代医療, 18(増II), 1, 1986. UpToDate Contents 全文を閲覧するには購読必要です。 また、高齢に伴って腰部に存在する脊柱管と呼ばれる場所が狭くなってしまうことがあります。

18

末梢血管拡張薬表1

宮本茂敏,ほか, 現代医療, 18 増II , 56, 1986. もし、妊娠・出産を希望されているのでしたら、事前に医師と相談しておくとよいでしょう。 380. タバコを吸っている人は、禁煙に挑戦してみましょう。 相互作用 併用注意 (併用に注意すること) 薬剤名等 臨床症状・措置方法 機序・危険因子 抗血小板剤 アスピリン チクロピジン シロスタゾール 血栓溶解剤 ウロキナーゼ 抗凝血剤 ヘパリン ワルファリン これらの薬剤と併用することにより出血傾向の増強をきたすおそれがある。

リマプロストアルファデクス錠5μg「サワイ」の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

人により副作用の発生傾向は異なります。

リマプロスト:オパルモン,プロレナール

プロスタグランジンは、体内で産生される局所ホルモンの一種で、血管の拡張や血液の固まり具合を調節しています。 (再審査終了時) <後天性の腰部脊柱管狭窄症(SLR試験正常で、両側性の間欠跛行を呈する患者)に伴う自覚症状(下肢疼痛、下肢しびれ)及び歩行能力の改善> 1%未満 頻度不明 過敏症(注1) 発疹、そう痒感等 蕁麻疹 光線過敏症 出血傾向(注2) 出血 血液 貧血、血小板減少 消化器 下痢、悪心、腹部不快感、腹痛、食欲不振、胸やけ 嘔吐、腹部膨満感、口渇、口内炎 舌しびれ 肝臓 AST(GOT)・ALT(GPT)の上昇等の肝機能異常 循環器 心悸亢進 頻脈、低血圧、四肢のチアノーゼ、血圧上昇 精神神経系 頭痛、めまい しびれ感、眠気、不眠 その他 潮紅、ほてり 全身倦怠感、胸痛、胸部不快感、四肢痛、浮腫、乳腺腫脹、身ぶるい、下肢多毛、味覚異常 頻度不明は自発報告による。 人により副作用の発生傾向は異なります。

18

医療用医薬品 : リマプロストアルファデクス (リマプロストアルファデクス錠5μg「日医工」)

傷を負うことによる出血であれば血液が固まりますが、これは血管の外で固まる正常な反応です。 • 得られた薬物動態パラメータ AUC、Cmax について90%信頼区間法にて統計解析を行った結果、log 0. 後天性の腰部脊柱管狭窄症 SLR試験正常で、両側性の間欠跛行を呈する患者 に伴う自覚症状 下肢疼痛、下肢しびれ および歩行能力の改善 用法及び用量 1. 閉塞性血栓の 疼痛の改善• 注2 観察を十分に行い、異常が認められた場合には、投与を中止すること。 指示された用法用量を守ってください。

16

KEGG DRUG: リマプロストアルファデクス

その結果、歩行状態を良くさせることで日常生活での制限を改善することができます。

19

リマプロストアルファデクス錠5μg「サワイ」

抗血小板剤、血栓溶解剤、抗凝血剤を投与中の患者 「相互作用」の項参照 重要な基本的注意 1. 妊娠中や、その可能性のある人は申し出てください。 排泄経路:胆汁中及び尿中 ラット プレナール添付文書• 注1):発現した場合には、投与を中止するなど適切な処置を行うこと。 吸湿性である。

16

末梢血管拡張薬表1

プロスタグランジンE1の主な作用は,血管拡張作用と血小板凝集抑制作用であり,これらを利用して,本薬は閉塞性血栓血管炎に用いられる。 KEGG DRUG 取扱い上の注意 宮本茂敏ほか, 現代医療, 18(増II), 80, 1986. 血管をひろげる働きがあります。 水に溶けやすく、メタノールに溶けにくく、エタノール(99. 人により副作用の発生傾向は異なります。

15