第 一 生命 詐欺 事件。 19億円超詐欺 89歳生保「女帝」を許さない 被害弁護団を結成― スポニチ Sponichi Annex 社会

【19億円詐取】第一生命の80代元「生保レディー」の詐欺の手口は?

「田中氏は、人事課長時代にA子さんと知り合ったとされます。 第一生命は正下元調査役を7月3日付懲戒解雇した一方、金融詐欺事件を報道陣に公開したのは10月2日である。 」 「買い物の荷物を運ぶのでご自宅の部屋にお邪魔したこともありますが、ごく普通のお年寄りの部屋といった感じで、高級そうな雰囲気のものは全然なかった」 (WEBサイト「現代ビジネス」より抜粋) これらの証言から浮かび上がるのは、実直で仕事熱心なビジネスウーマンの、質素な生活です。

2

第一生命の「19億円」詐取事件、89歳生保レディー「女帝」の素顔とは|ニフティニュース

中には年利30%で預けた人もいたようですが、3年で元が取れる運用なんて、この世にあるんですかねぇ」(山川さん) 典型的な「ポンジスキーム」の手口か 投資に詳しい経済ライターの井山良介氏は、次のように解説する。

第一生命巨額詐欺事件で、被害額より10年以上も発覚しなかった事の方が重大...

「山口銀行のドン」といわれた田中耕三相談役(小説では甲羅万蔵)の指示で田原鐵之助頭取(同・谷野銀次郎)の解任動議が提出された。 被害者数・被害額が多大であり、被害者が高齢化していることもあり、被害者の刑事告訴を受理している山口県警は正下元調査役を逮捕するか、または在宅起訴するかという選択をする時期にきているようだ。 次回は、Mがそこに至るまでの経緯に迫ります。

17

【驚愕】第一生命「19億円詐欺」89歳セールスレディの素顔(前編)

同社は山口県警周南署に詐欺容疑で刑事告発した。 」 「彼女が催促の連絡をしても、Mは『今から引き出さなきゃいけないから待ってよ』と応じず、詰め寄ると『お母様が あなたを 本当にいいお嬢ちゃまに育ててねぇ』などとおだてたりしながら、話をはぐらかし続けた」 同・関係者 今年6月、業を煮やしたAさんが第一生命に連絡したことで事件が発覚。

9

第一生命19億円詐欺 営業職員A子さんと山口銀行元頭取との“深い関係”が発火させた「地銀再編」

自宅は第一生命のオフィスからほど近い築40年ほどの賃貸マンション。 いくら長年の付き合いとはいえ、5000万円もの保険金を手書きの借用書だけで預かるなんて……。

6

第一生命多額詐取事件

この数年はカネが回らなくなり、事件化は時間の問題だったのだが、同じ頃から89歳女帝はひどい物忘れが始まっていたというから、事件全容の解明にはまだまだ時間がかかりそうだ。 おれもはやくこれになりたい」 「どれだけ過去に勤務していたのかと思えば、今なのか赤いビックリマーク この方この年齢でどれだけ優秀な営業トークしていたのだろう? どのぐらいの期間でこの金額に?」 「80代でこんな大それた事が出来るなら私も頑張らないと」 「すごい金額だし、すごい年齢。

3

【驚愕】第一生命「19億円詐欺」89歳セールスレディの素顔(前編)

現役期間長い!」 「80代まで生保のおばちゃんやってたのが凄すぎる。

8